日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) (プラモデル)

フジミ   1/700 特シリーズ   No.083   スケール:1/700

当店税込価格 ¥ 2,772 (メーカー希望小売価格 3,080



タグ: 戦艦 金剛 1941年  戦艦 金剛  日本海軍 戦艦 金剛  戦艦 金剛型  日本海軍の戦艦  
日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ No.083) 商品画像

「日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ  No.083 )」です


●太平洋戦争時における帝国海軍の高速戦艦「金剛」を1/700スケールで再現したプラスチックモデル組立キット

●帝国海軍の戦艦の中で最も古い艦歴を持つものの常に最前線で活躍した高速戦艦「金剛」の太平洋戦争開戦時の姿を再現、スマートな船体に日本の戦艦ならではの積み上げ式の艦橋を持つ独特のシルエットが再現されています

●フジミ社「日本海軍 高速戦艦 金剛 1944年10月」のバリエーションキットながら、流用されたパーツは船体部のみで、艦橋、煙突などの上部構造物、上甲板、主砲塔も含めて新規に作り起こされたものとなっています
 ・ 「日本海軍 高速戦艦 金剛 1944年10月」では上部構造物のベース部分が上甲板パーツに一体成型されていましたが、本キットでは別パーツ化されています

【 高速戦艦「金剛」について 】


●日露戦争までは戦艦や装甲巡洋艦などの主力艦艇は外国で建造されましたが、その後、たゆまぬ日本の建造技術は進歩し、大型艦艇を含めて全ての艦種の純国産化が行われるようになります

●1906年に竣工したイギリスの戦艦「ドレッドノート」は、主砲、副砲、中間砲という多種の砲を搭載する従来の戦艦形式とは異なり、主砲を主体とした武装配置により高い攻撃力を持ち、この艦の登場により、それまでの艦は一挙に時代遅れとなります
 ・ これまでの戦艦は「前ド級艦」、「ドレッドノート」と同等な性能の艦を「ド級艦」、そして主砲を中心線配置として更に砲撃力が向上した艦を「超ド級艦」と呼びます

●「ドレッドノート」の登場を受け、各国の海軍は「ド級艦」「超ド級艦」の戦力化を急ぎ、帝国海軍でもこのような世界的な流れを受けて、当時同盟関係であったイギリスに「超ド級」の巡洋戦艦「金剛」の建造を1911年に発注します
●また、帝国海軍では「超ド級艦」の建造技術を獲得するために建造中の「金剛」の設計図を取り寄せ、日本国内でも同型艦である「榛名」「霧島」「比叡」の3隻の建造を行うことになります

●「金剛」は1913年に竣工、国内で建造されていた他の3艦も1915年までに竣工しました

●この「金剛型巡洋戦艦」の4隻は、当時世界最強の艦隊とも言われており、第1次世界大戦においては、イギリス海軍から借用の要請があったほど高い能力を擁していました
 ・ 「巡洋戦艦」は、戦艦と巡洋艦の間のクラスと見られてしまいがちですが、当時は巡洋艦並みの速力を持った戦艦という意味で、建造コストも高いことから戦艦よりも上位の艦とされています

●当時の艦の建造技術と、艦の能力の発達は著しいものがあり、1920年から1930年にかけて「金剛型巡洋戦艦」は第1次近代化改装を実施、これにより主砲の射程が伸び、防御力が強化され、機関出力も向上しましたが、速力は低下したために従来の巡洋戦艦から戦艦へと艦種が変更されました
●しかし、1933年から実施された第2次近代化改装では、大幅な機関出力の増強と、艦尾の延長化が行なわれ、30ノットという速度を発揮する高速戦艦として生まれ変わります

●太平洋戦争において、この30ノットという高速性能は、空母機動部隊の護衛や、作戦運用上から駆逐艦との連携が行い易く、更に建造当時の巡洋戦艦というクラスから防御力も優秀であり、この4隻は常に最前線に投入されてアメリカ艦隊に対して奮戦を繰り広げたのでした
 ・ 「金剛型巡洋戦艦」以後に建造された戦艦「扶桑型」「伊勢型」は、「金剛型」と比べて攻撃力は大幅に向上していましたが、速力、防御力(主砲を分散配置したために、その分主砲弾薬庫も多い)が劣り、このことが太平洋戦争で両者の運用を分けるポイントとなりました

●太平洋戦争が開戦すると、「金剛」は僚艦「榛名」と共に南方攻略作戦の支援部隊の主力として行動、フィリピンなどの上陸作戦の支援に当たります
●また、この2隻の存在はイギリス東洋艦隊の「プリンス・オブ・ウェールズ」と「レパルス」との交戦が意図されたものでしたが、イギリス艦隊はその前に航空隊によって壊滅しています

●その後、「金剛」は機動部隊に編入されてインド洋沖海戦に参加、この海戦では「金剛型」高速戦艦の4隻が揃った最後の舞台となりました

●「ミッドウェー作戦」での「金剛」は、ミッドウェー島への「攻略部隊」として参戦、しかし、先鋒としての空母機動部隊が壊滅したことで作戦は中止され、「金剛」は帰路に着きます

●1942年7月、ソロモン海域のガダルカナル島にアメリカ軍が上陸を開始、以後同海域が日米の戦いの焦点となり、両軍入り乱れての消耗戦が展開されることとなります
●「金剛」は、この戦闘を受けて同海域へと進出、当時日本軍はガダルカナル島のアメリカ軍の飛行場の存在により制海権、制空権を握られており、同艦は僚艦「榛名」と共に夜間に同島へと突入、その砲撃力を活かして飛行場に艦砲射撃を行うという挺身攻撃を敢行します
●この夜間砲撃によってアメリカ軍飛行場に大打撃を与えるという戦果を挙げましたが、アメリカ軍の回復力は強力で、その効果は一時的に過ぎませんでした
 ・ 同年11月には同様な作戦によってガダルカナル島に僚艦「霧島」「比叡」が突入、アメリカ軍は艦隊で待ち構えており、3日間の壮絶な戦闘でアメリカ艦隊に甚大な損害を与えたものの、両艦共に戦没してしまいます

●「金剛」は、その後に空母機動部隊の直衛艦となりますが、肝心の空母は艦載機の損失が大きく、戦力の補充と搭乗員の練成に時間が取られ、出撃の機会もないままに時は過ぎて行きました

●1944年6月、連合艦隊がその持てる航空兵力の全てを投入した「マリアナ沖海戦」が発生、「金剛」も機動部隊の護衛として参加します
●しかし、彼我の戦力の差は圧倒的で、海戦は完全な日本軍側の敗北となり、多くの戦力を失いました

●続く1944年10月には、「レイテ沖海戦」が発生、「金剛」は水上戦力の中核である「栗田艦隊」に編入され、アメリカ護衛空母を撃沈する戦果を挙げますが、味方の損害も大きく艦隊はブルネイに向けて帰還しました
●同艦隊はブルネイ到着後、補給の後に内地に向けて出航しますが、台湾沖にてアメリカ潜水艦の攻撃を受けます
●「金剛」は、2発の魚雷が命中、当初は通常に航行していましたが、浸水により徐々に傾斜、遂には転覆を起こし、その栄光の生涯の最期を遂げています

日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年)の商品画像

【 「日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年)」のキット内容について 】


●この帝国海軍の高速戦艦「金剛」を再現したプラスチックモデル組立てキットです

●フジミ社の「特シリーズ」の現行フォーマットに従い、最新の考証による細部に渡ったディテール表現力で、戦艦「金剛」の細かで複雑な作りが表された内容となっています
●また、日本の戦艦の特徴であるパゴダ式と呼ばれる積み上げ式の艦橋や、探照灯などの台座のトラス構造が織り成す複雑な形状、そして長い船体を持つスマートな艦形など、帝国海軍の実質的な主力戦艦として戦った「金剛」の持つ魅力を味わうことができるでしょう

●「金剛」は太平洋戦争開戦以降、度々対空兵装の増強が行なわれており、キットはまだ対空兵装装備の少ない1941年の開戦時の姿が表現されています

●艦体喫水線までが再現されたウォーターラインモデルです


●「金剛」の船体部は上下分割式で、これに上甲板、上部構造物、各艤装類を取り付ける構成となっています

●船体部には、副砲塔甲板が一体成型され、細部では舷側の舷窓、閉塞された舷窓、舷外電路、フェアリーダー、アンカーレセス、梯子などが再現、バルジ部分も表現されています
 ・ 舷窓上部には雨樋がモールド再現
 ・ ウォーターラインモデルに欠かせない船体下を塞ぐ平らな船底パーツが付属、オモリとなるバラストも付属しています

●上甲板は、一体成型となっており、航空機作業甲板が別パーツとなっています
 ・ 甲板上には、主砲塔台座、木甲板表現などの基本躯体の他、アンカー導板、ボラード、昇降口、天窓、リール、ボート架台、通風筒などの細かなディテールが再現
 ・ 航空機作業甲板には、リノリウム押さえ、航空機用軌条、ターンテーブルのモールドが彫刻されています

●上甲板上の構築物となる「艦橋部」「主砲部」「測距儀台座部」「煙突部」「後部構造物」などを個別にブロック化して構成、それぞれを甲板上に取り付けて完成させます


「金剛」の艦上の構造物は下記のようなパーツで構成されています
●艦橋
 ・ 艦橋は9層で構成され、トップには94式方位盤、94式測距儀が別パーツとなっています
 ・ 艦橋構造物の各艦橋の窓の枠がモールドされています
 ・ 艦橋を構成するための前檣楼支柱(3本)が別パーツ化されています
 ・ 艦橋部分を構成する、94式4.5m測距儀(×2)、25mm連装機銃(×4)、60cm探照灯(×2)などがパーツ化されており、探照灯はクリアーパーツです

● 煙突
 ・ 本体部分は左右分割式で、上部の雨水カバー金網が別パーツとなっています
 ・ 雨水カバー金網は開口処理されています
 ・ 各副管は別パーツとなっています
 ・ 煙突部の探照灯、高角砲、機銃の各台座は、ブロックごとにパーツ化されています
 ・ 探照灯、機銃台座の支柱部分は、シャープなモールドによりトラス構造を再現、開口処理されています
 ・ 110cm探照灯(×6)、12.7cm連装高角砲(×2)、25mm連装機銃(×2)が付属しており、探照灯はクリアーパーツです

●測距儀台座部
 ・ 艦体中央部の測距儀台座部は、台座部分が5パーツで構成、台座の支柱のトラス構造が再現されています
 ・ 測距儀が別パーツにて再現

●後部艦橋
 ・ 後部艦橋は左右分割式で、機銃台座、方位盤が別パーツです
 ・ 艦橋の窓枠、側面には舷窓、扉などがモールドされています
 ・ 測距儀(×2)が付属

●後檣
 ・ 後檣は、下部が3脚檣型で上部は単檣型で、3脚檣型の部分は前後分割式、上部は1パーツで再現、中央部のクロスツリーは別パーツ化されています
 ・ 前方に取り付けられるクレーンは、滑車やフックなども表現されています
 
●カタパルト「呉式 2号5型射出機」 ×1
 ・ カタパルトは一体成型のパーツで、側面のトラス構造が再現されています

●主砲塔部「45口径 毘式 36cm連装砲」 ×4
 ・ 主砲塔は上下2分割式で、測距儀は別パーツとなっています
 ・ 砲身部分は1本づつの分割式で、スライド式金型により砲口が開口処理済み、基部には防水布が再現されています
 ・ 第3番主砲塔と第4番主砲塔に装備される空中線支柱が付属

●副砲「50口径 毘式 15cm単装砲」 ×14
 ・ 砲塔部分と砲身部とは一体成型となっており、砲身基部の防水布が再現されています

●高角砲「40口径 89式 12.7cm連装高角砲 (A1型)」 ×4
 ・ 高角砲は砲架部分と砲身本体との分割式で、砲身部分は連装式に一体成型されています
 
●対空機銃
 ・ 25mm連装機銃 ×6(艦橋、煙突部に配置)
 ・ 連装機銃は一体成型となっています

●内火艇、カッター及びボートダビッド
 ・ 11m内火艇 ×2
 ・ 12m内火ランチ ×4
 ・ 9mカッター ×3
 ・ 通船 ×2

●その他の艤装を再現したパーツとして
 ・ 艦首、艦尾旗竿
 ・ 錨、副錨
 ・ 菊花紋章
 ・ パラベーン
 ・ クレーン
 ・ 係船桁
 ・ 集塵筒
 ・ 舷々門
 などがセットされています

●艦載機
 ・ 95式水偵察機 ×2

●艦載機は、胴体、翼、翼支柱、主フロート、補助フロートのパーツ構成で クリアーパーツで成型されています


●艦尾の軍艦旗(直線タイプとなびいている状態の2種)、艦載機の日の丸マークを再現したデカールが付属しています
 

●2013年 一部新金型
日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ No.083) 商品画像_1 日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ No.083) 商品画像_2 日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ No.083) 商品画像_3 日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年) プラモデル (フジミ 1/700 特シリーズ No.083) 商品画像_4

日本海軍 高速戦艦 金剛 昭和16年 (1941年)  (プラモデル)

フジミ   1/700 特シリーズ   No.083   スケール:1/700

当店税込価格 ¥2,772 (メーカー希望小売価格 ¥2,772


< フジミ ちび丸グレードアップパーツ ちび丸艦隊 大和 専用 エッチングパーツ   フジミ 1/700 特シリーズ SPOT 日本海軍 航空戦艦 伊勢 パーフェクト (エッチングパーツ・木甲板シール付き) >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
ご一緒にどうぞ
日本海軍 高速戦艦 金剛 1944年10月

日本海軍 高速戦艦 金剛 1944年10月

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥2,574
日本海軍高速戦艦 金剛 1944年10月 (フルハルモデル)

日本海軍高速戦艦 金剛 1944年10月 (フルハルモデル)

 フジミ  1/700 帝国海軍シリーズ
¥3,564
日本戦艦 金剛

日本戦艦 金剛

 ハセガワ  1/700 ウォーターラインシリーズ
¥2,772
ちび丸艦隊 金剛

ちび丸艦隊 金剛

 フジミ  ちび丸艦隊 シリーズ
¥1,782
艦艇展示台座 ブラックバージョン

艦艇展示台座 ブラックバージョン

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥1,188
日本海軍 戦艦 伊勢 昭和17年 仮称21号電探搭載 艦底 飾り台付き

日本海軍 戦艦 伊勢 昭和17年 仮称21号電探搭載 艦底 飾り台付き

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥3,564
日本海軍 航空母艦 龍鳳 昭和20年

日本海軍 航空母艦 龍鳳 昭和20年

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥2,970
ドック 特別仕様 純正エッチングパーツ付き

ドック 特別仕様 純正エッチングパーツ付き

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥6,732
日本海軍 航空母艦 隼鷹 昭和19年

日本海軍 航空母艦 隼鷹 昭和19年

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥3,366
日本海軍 航空母艦 蒼龍 昭和16年/13年 特別仕様 エッチングパーツ 木甲板シール付き

日本海軍 航空母艦 蒼龍 昭和16年/13年 特別仕様 エッチングパーツ 木甲板シール付き

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥5,742
日本海軍 重巡洋艦 摩耶 昭和19年 特別仕様 純正リノリウム甲板シール付き

日本海軍 重巡洋艦 摩耶 昭和19年 特別仕様 純正リノリウム甲板シール付き

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥3,564
日本海軍 敷設艦 津軽 昭和16年/昭和19年

日本海軍 敷設艦 津軽 昭和16年/昭和19年

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥2,772
日本海軍 航空母艦 雲龍

日本海軍 航空母艦 雲龍

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥3,366
日本海軍 航空母艦 蒼龍 昭和13年 特別仕様 エッチングパーツ付き

日本海軍 航空母艦 蒼龍 昭和13年 特別仕様 エッチングパーツ付き

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥4,158
日本海軍 重巡洋艦 摩耶 昭和19年 特別仕様 (艦底/飾り台部品付き)

日本海軍 重巡洋艦 摩耶 昭和19年 特別仕様 (艦底/飾り台部品付き)

 フジミ  1/700 特シリーズ
¥3,564
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内