フジミ ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) 1/72 ミリタリーシリーズ 72M-004 プラモデル

ホーム AFV フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ

ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車)

販売価格

3,080円 2,772円(税込)

購入数

「ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (プラモデル) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ  No.72M-004 )」です


●第2次世界大戦時におけるドイツ軍の「オペル・ブリッツ 3tトラック」を1/72スケールで再現したプラスチックモデル組立キット。

●「オペル・ブリッツ 3tトラック」のバリエーションのうち、カーゴ部分を「箱型救護車」と「燃料給油車」仕様にした2車種を再現可能な内容となっています。
 ・ 「オペル・ブリッツ 3tトラック」のキャブ及びシャーシパーツは2台分をセット、それぞれ1台ずつ製作することができます。

【 オペル ブリッツ 3t トラック について 】


●ドイツ軍は、第1次大戦の敗北後、直ちに補給部隊の機械化に着手しました。

●ドイツ軍の再軍備化の過程において、当初は雑多な種類に渡り民間用のトラックを採用し運用していましたが、合理化や生産性の拡大、そして整備性の向上を図るべく、軍用車両を「軽」「中」「重」の3クラスに分け、それぞれのクラスごとに車種を絞った統一化を図るようになります。

●この「中」クラスのカテゴリーで選定された車両の中で、ドイツ軍を代表するトラックと言えるのが「オペル・ブリッツ 3tトラック」です。
 ・ 1931年に試作車が完成、1935年から生産を始め、1944年7月までにドイツの軍用トラックとしては最大数の約78000両も生産されました。
 ・ 「オペル・ブリッツ 3tトラック」は、基本形の無蓋型のカーゴトラックを始め、ハーフトラック型の「マウルティア」や「ボックスキャビン型」「燃料補給車」などの派生型も多く、シリーズを合計するとおよそ13万両近くが製造されています。

●「オペル・ブリッツ 3tトラック」は、高い輸送能力や優れた走行性能及び整備性などの諸点を評価され、陸軍などの地上軍に止まらず、空軍や海軍、準軍事組織、そして民間用にと、戦場だけでは無く、ありとあらゆる場所で使用されていました。
●また、余裕のある荷台を利用して、「通信車」や「炊事車」、そして「救急車」などの各種任務車にも改造された車両も数多く存在していました。

●このような特殊車輛の中でもユニークな存在として知られるのが「オペル・ブリッツ」のキャビン部に「V-2ロケット」用の大型の燃料タンクを設置した「V-2ロケット用の燃料給油車」です。
 ・ この「V-2ロケット用の燃料給油車」は、移動式発射台を使用する「V-2ロケット」の部隊に配備され、行動を共にし、発射の際にロケット本体に燃料を注入する役割を担っていました。

●様々な部隊に配備された「オペル・ブリッツ 3tトラック」は、兵員や弾薬、燃料などの輸送任務、時には電撃戦に代表されるドイツ機械化部隊の「足(輸送手段)」として、そしてドイツ機甲部隊に血流を流す「血管」として、あらゆる側面からドイツ軍を支え続けたトラックと評価することができるでしょう。

【 ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ No.72M-4) プラモデルの内容 】


●このドイツ軍で運用された「オペル・ブリッツ 3tトラック」の「箱型救護車」と「燃料給油車」を再現したプラスチックモデル組立キットです。

●1/72のスケールにマッチした繊細なモールド、特にエンジングリル部の前側面部のスリットはしっかりとモールド化しており、華奢な印象を受ける「オペルブリッツ」の独特なフォルムも豊かに再現しています。

●フジミ製「ドイツ 軍用 3t トラック 箱型救護車仕様」「ドイツ 軍用 3tトラック 燃料給油車仕様」のパーツをワンパッケージにまとめたバリエーションキットとなります。

●「オペル・ブリッツ 3tトラック」のキャブ及びシャーシパーツは2台分をセット、カーゴ部に積載する「箱型救護室」「燃料タンク」のパーツを各1個セット、それぞれ1台ずつ製作することができます。

ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ No.72M-4) の商品画像

■ ドイツ 軍用 3t トラック パーツ構成
●キャビン及びエンジンルームは、前部ブロックを一体成型化したパーツ、このパーツに後板と、座席を一体成型化したフェンダーパーツを取り付ける構成となっています。
 ・ キャビン内部は、シート、メーターパネル、ハンドル、シフトレバー、フットペダルを別パーツ化して再現しています。
 ・ フロント・サイドウィンドのガラスは一体成型のクリアパーツで再現しています。

●キャビンに装備されたヘッドライト、三角板、車幅指示ポール、ノテックライト、バックミラー、スコップ、ツルハシなどは別パーツ化して再現。

●シャーシは、メインフレームにあたる部分を一体成型化したパーツで再現、これにサスペンションやキャビン、荷台を取り付けるパーツ構成になっています。
 ・ シャーシ及びその周辺の装備品、板バネ状のサスペンション、ドライブシャフト、排気管、雑具箱などを別パーツ化して再現しています。
 ・ タイヤは、トレッドパターンを彫りこんだプラスチック製のパーツ、前輪2輪、後輪2組×2輪と、予備タイヤの合計7つ(1台あたり)をセットしています。
 ・ 前後輪のタイヤは、金属製のシャフトを介して左右のタイヤを接合して固定します。

■ ドイツ 軍用 3t トラック カーゴ部分
●荷台の主要部分は、前後面、側面、底面の計5パーツで構成されています。
 ・ 荷台部分は、彫刻によりパネルの張り合わせを再現、パネル間の継ぎ手やリベットも繊細なモールドで再現されています。
 ・ 荷台の中央部には、兵員用の椅子と思われる板状のパーツが用意されています。
 ・ 幌パーツを付けずに、荷物を積載した状態を表現する場合は、このパーツは取り付けない方が良いでしょう。

■ 救護室
●ボックス型の救護室は、箱組状に上下四方のパネルを貼り合わせて組み立てます。
 ・ 前後面、側面、底面、天板2枚の合計7パーツで構成、ルーフ上の換気口上のルーフを別パーツ化しています。
 ・ 救護室側面及び後面のドアと窓は、パーツ上にモールド化して再現しています。
 ・ 後輪上のフェンダー、梯子、把手などを別パーツ化して再現。
 ・ 後部ナンバープレート、雑具箱なども別パーツして再現しています。

■ 燃料タンク
●燃料タンク部は上下に分割したパーツで構成、天板上部の燃料給油口や側面のパネルの一部を別パーツ化して再現しています。
 ・ 後輪上のフェンダー、尾灯などを別パーツ化して再現。


【 ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ No.72M-4) 塗装とマーキング 】


●組立説明書内に「箱型救護車仕様」「燃料給油車仕様」それぞれの「塗装及びマーキング図」をモノクロで記載しています。
 ・ 塗装の際に使用する塗料の種類も記載しています (Mr.カラー / 水性ホビーカラー)。
 ・「オペル・ブリッツ 3tトラック」のキャビン内部などの細部に使う色指定は、組立説明書内の各工程内にて指示しています。

●マーキング
 ・ 箱型救護車 : ドイツ 国防軍所属車両 WH1605-454 / WH1603-233
 ・ 燃料給油車 : ドイツ 国防軍所属車両 WH1108-658 / WH1566-356

●マーキング図に対応したデカールが付属。
●説明書のマーキング指示に基づき、ナンバープレートを始め部隊記号、戦術マーク、アフリカ軍団マークそして赤十字マークなどを再現したデカールが付属(天板の赤十字マークは、キットパーツに合わせて分割しています)。


【 ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ No.72M-4) パッケージ内容 】


 ・ドイツ軍 3t トラック 箱型救護車 ×1
 ・ドイツ軍 3t トラック 燃料給油車 ×1
 ・ デカールシート ×1
 ・ 組立説明書 ×1

【 ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車) (フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ No.72M-4) 製品仕様 】


●プラスチックモデル組立キット
●製品素材 : PS、紙、金属
●パーツ成型色 : サンドベージュ
●対象年齢 : 15歳以上 (フジミ基準)

●「ドイツ軍 3t トラック」完成時のサイズ
 ・ 全長 : 79mm
 ・ 全幅 : 30mm
 ・ 全高 :

●2019年 バリエーション
●2010年 完全新金型。

フジミ 1/72 ミリタリーシリーズ 「ドイツ軍 3t トラック (箱型救護車/燃料給油車)」
販売価格

3,080円 2,772円(税込)

購入数



詳しくは、コチラより、ご利用ガイド

この商品のカテゴリー

これまで見た商品