海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) (プラモデル)

ピットロード   1/350 スカイウェーブ JB シリーズ   No.JB023   スケール:1/350

当店税込価格 ¥ 5,638 (メーカー希望小売価格 6,264



タグ: 護衛艦 DD-162 てるづき  護衛艦 あきづき型  DD 海上自衛隊護衛艦  海上自衛隊護衛艦  海上自衛隊所属艦艇  
海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ No.JB023) 商品画像

「海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ  No.JB023 )」です


●1960年に就役した海上自衛隊の護衛艦、初代「あきづき型」の2番艦「DD-162 てるづき (初代)」を1/350スケールで再現したプラスチックモデル組立てキット

●「オランダ坂」と言われるスロープを船体後半に持つ初期護衛艦3型式のラストを飾り、当時の海上自衛隊の護衛艦では最大かつ最強の存在となった「DD-162 てるづき (初代)」を再現、大型の船体を活かして主砲、雷装、そして対潜兵装をバランス良く配置し、独特の形状の艦橋を持った黎明期の海上自衛隊の国産護衛艦を象徴するシルエットを再現した内容となっています

●ピットロード社製「海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時」をベースとして、「DD-162 てるづき (初代)」を再現するため、一部使用するパーツを変更、新規デカールを追加したバリエーションキットとなります

【 「海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)」のキット内容について 】


●海上自衛隊の護衛艦、初代「あきづき型」の2番艦「DD-162 てるづき (初代)」を再現したプラスチックモデル組み立てキット

●海上自衛隊の艦艇を積極的にモデル化してきたピットロード社のリサーチ力と、実艦への深い造詣により「DD-162 てるづき (初代)」を再現、ビックスケールの解像度を活かして「あきづき型護衛艦」の構造とディテールとを細かく再現した内容となっています

●また、独特の艦橋構造物や速射砲の台座部分などはスライド金型を使用して特徴ある形状を再現、確実に形となるように工夫され、窓や防水扉などのディテールをエッジが立ったモールドで再現しています

●「DD-162 てるづき (初代)」は、数度の改装が行われており、本キットでは爆雷投下軌条などを装備した竣工時の姿を再現しています

●喫水線以下の部分も再現したフルハルモデルと、喫水線から上の部分を再現した洋上モデルとを選択して製作することができます

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)の商品画像

●「DD-162 てるづき (初代)」は、「船体」「上甲板」」「艦橋などの構造物」「主砲を含めた艤装類」のブロックに分割した構成となっています

●各ブロックをそれぞれ個別に組み立てて、上甲板、構造物と艤装類を船体ブロックへと取り付けて完成させます

●船体部は、喫水線のラインで上下に分割したパーツで再現
 ・ 船体は舷窓のないフラットな状態の舷側を再現しています
 ・ 船体パーツ内側には歪みを防ぐ桁が一体成型
 ・ フルハルモデル用として船底部には、ビルジキールとデッドウッドが一体成型、推進軸、スクリュー、舵、ソナーは別パーツとなっています
 ・ 洋上モデルとしてのフラットな船底部は船体に一体成型しています

●上甲板は全通式に一体成型となったパーツで再現
 ・ 上甲板には、主砲台座、魚雷発射管台座、波除けなどの基本躯体の他に、アンカーチェーン、昇降口などのディテールをモールドで再現しています
 ・ 甲板の歩行帯はデカールで再現します


「DD-162 てるづき (初代)」の艦上の構造物は下記のようなパーツで構成しています
●艦橋
 ・ 旗艦設備を搭載するため、以前の型式より大型になった艦橋部は、箱型の下部構造物に半円形の前面を持つ羅針艦橋部を組み合わせて再現します
 ・ 下部構造物は前面パネルと本体との2分割のパーツで構成、スライド金型を使用して窓、防水扉、配管などを繊細なモールドで再現しています
 ・ 艦橋後部の通気口、ラッタルは別パーツ化して再現
 ・ 羅針艦橋は、2層で構成され、トップのレーダーなどは別パーツとなっています
 ・ 艦橋窓部分は、窓ガラスの部分を開口した状態で再現しています
 ・ 艦橋に装備する、「Mk.57射撃指揮装置」(×1)、「双眼鏡」(×2)、「救命浮環」(×3)、「探照灯」(×2)などを別パーツ化

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)の商品画像

●メインマスト
 ・ メインマストは4脚檣型で、左右に分割したパーツで再現しています
 ・ フラット、ヤード、トップは別パーツ化して再現
 ・ マストに装備する、「OPS-1対空レーダー」(×1)、「OPS-5対水上レーダー」(×1)は別パーツにて再現しています

●後檣
 ・ 後檣は3脚檣型で、トップは単檣型です
 ・ 3脚檣型部分は前後に分割したパーツ構成で、トップの単檣は一体成型のパーツで再現しています
 ・ フラット及びアンテナ類は別パーツ化しています

● 第1煙突・第2煙突
 ・ 煙突は左右に分割したパーツで再現、ファンネルキャップは別パーツ化しています
 ・ 煙突側面のダクトや補助ボイラー用小煙突などは別パーツ化して再現

●探照灯台座
 ・ 探照灯台座は一体成型のパーツで再現、装備する「探照灯」(×1)を別パーツ化しています

●射撃指揮装置台座
 ・ 射撃指揮装置台座は上下に分割したパーツで再現
 ・ 装備する、「Mk.57 射撃指揮装置」(×1)は別パーツとなっています

●速射砲台座
 ・ 速射砲の台座はスライド金型を用いた一体成型のパーツで再現
 ・ 内側の補強板も再現しています
 ・ 速射砲台座に装備する、「救命浮環」(×9)は別パーツ化

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)の商品画像

●主砲塔部 「5インチ 54口径単装砲 Mk.39」 ×3
 ・ 砲塔は砲身と砲塔の2パーツで再現
 ・ 砲塔はスライド金型により側面の防水扉や前面の扉などをモールドで再現しています

●速射砲 「50口径 3インチ連装速射砲 Mk.33」 ×2
 ・ 砲塔は基部と砲身、レーダーの3パーツで再現しています
 ・ 1965年ごろから装備されたシールドのパーツが付属、シールドの有無を選択して組み立てることができます

●対潜ロケット 「Mk.108 対潜ロケット発射機」 ×1
 ・ ロケット発射機は台座を含めて5パーツで構成、先端部は開口されています
 ・ ロケット発射機は、艦橋前方に装備します

●対潜ロケット 「ヘッジホッグ Mk.10」 ×2
 ・ 発射機本体とカバーの2パーツで再現、艦橋の直前両舷部分に装備します

●魚雷発射管 「65式 53cm 長魚雷発射管」 ×1
 ・ 魚雷発射管は発射管本体とシールドとの2パーツで再現
 ・ シールド部の操作ハンドルがパーツ化
 ・ 魚雷発射管は第1煙突の直後に装備、その後方左舷に装備する予備魚雷をパーツ化しています

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)の商品画像

●「5インチ装填演習砲」 ×1
 ・ 5インチ装填演習砲は砲身と砲架との2パーツで再現、探照灯台座右側に配置します

●射撃指揮装置 「Mk.57 射撃指揮装置」 ×2
 ・ 「Mk.57 射撃指揮装置」は本体とアンテナとの2パーツで構成、1基を艦橋上部に、もう1基を第2煙突後方の架台に装備します

●対潜兵装 「爆雷投射器 (Y砲)」 ×2
 ・ 爆雷投射器は一体成型のパーツで再現

●対潜兵装 「爆雷装填台」 ×2
 ・ 爆雷装填台は前後に分割したパーツ構成で、爆雷を装填している状態を再現しています

●対潜兵装 「爆雷投下軌条」 ×2
 ・ 爆雷投下軌条は左右に分割したパーツで再現、爆雷を装填している状態となっています

●対潜兵装 「短魚雷落射機」 ×2
 ・ 短魚雷落射機は一体成型のパーツで再現、落射機と装填台に装備する「短魚雷」(×8)が付属しています

●カッター類及びボートダビット
 ・ 8.5m将官艇 ×1
 ・ 7.9m内火艇 ×1
 ・ 7mカッター ×2
 ・ 救命筏 ×4

●その他の艤装を再現したパーツとして
 ・ 艦首、艦尾旗竿
 ・ 錨
 ・ プロペラガード
 ・ ボラード
 ・ フェアリーダー
 ・ 通気筒
 ・ リール
 ・ ケーブルホルダー
 などをセットしています


●フルハルモデル用のディスプレイスタンドが付属しています


●デカールは「DD-162 てるづき (初代)」の1隻分が付属
 ・ 艦首・艦尾の「日章旗」「自衛艦旗」、艦名、ハルナンバー、砲塔上の識別番号、1969年まで採用していた船体側面の大判の艦名表記などが付属しています

●「歩行帯デカール」が付属
 ・ 現用艦艇モデルで制作上のネックとなる「歩行帯」を別版のデカールで再現しています
 ・ このデカールは先に甲板を塗装し、構造物を接着する前に貼り付ける事により綺麗に「歩行帯」が再現できます
 ・ 事前に周囲のニスをカッターナイフで切除してから「Mr.マークソフター 」等のデカール軟着剤を併用するとフィットしやすくなります
 ・ 完全に乾燥させてから次の作業に移ってください


●「DD-162 てるづき (初代)」の完成時のサイズ
 ・ 全長 : 約337mm


【 「海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)」のパッケージ内容 】


 ・ 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) ×1
 ・ デカールシート ×2
 ・ ディスプレイスタンド ×1
 ・ 組立て説明書 ×1


●2014年 「海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時 (JB-014)」のバリエーションキット



【 「護衛艦 初代あきづき型」について 】


●「あきづき型(初代)」は、「あやなみ型」「むらさめ型(初代)」に続いて建造された、戦後4番目の国産護衛艦(当初は甲型警備艦と呼称されていました)です

●「あきづき型(初代)」は、国産護衛艦なのですが、実際には同盟国であるアメリカが1957年会計年度予算に基づき行った「域外調達(Off Shore Procurement:OSP)」として、日本の造船所で造られた「アメリカ海軍駆逐艦」でした

●当時のアメリカは同盟国に対し軍事援助と対象国の建艦技術向上を目的に、アメリカ海軍が設計した艦艇の建造を発注し、「あきづき型(初代)」も本来なら「フレッチャー級」に準じた艦型となるはずでした
 ・ しかし、当時の日本は既に数型式の護衛艦を建造し、造艦技術が向上していたため、アメリカの特別な支援を要することなく、日本の設計によるオリジナルな型式として発注されることになります
 ・ このOPSの流れから1番艦「DD-161 あきづき (初代)」は「DD-960」、2番艦「DD-162 てるづき (初代)」は「DD-961」として一旦アメリカ海軍籍となり、これをアメリカから無償供与する方式が採られています

●1960年、「あきづき型」の1番艦「DD-161 あきづき (初代)」は、「あやなみ型」以来の「オランダ坂」を有する艦型をもって竣工、これで「オランダ坂」という特徴を持つ海上自衛隊護衛艦の初期3型式が出揃うことになります

●それまでの護衛艦は艦の大きさから、対潜能力を重視した対潜護衛艦「DDK」の「あやなみ型」と、対空火力を重視した対空護衛艦「DDA」の「むらさめ型(初代)」という2種に分かれていましたが、この「あきづき型」は基準排水量2,350トンという余裕のある大きさにより両方の要素を採り入れた、汎用護衛艦「DD」の能力を持って誕生します
●さらに、その大きさを活かして旗艦設備も設けられ、「あきづき型 (初代)」は嚮導護衛艦、もしくは指揮護衛艦としての位置付けとなっています

●「あきづき型 (初代)」は、ミッドウェー級空母からの転用となる「5インチ 54口径単装砲 Mk.39」主砲を3基、「50口径 3インチ連装速射砲 Mk.33」を2基という初代「むらさめ型」と同量の砲を備え、「ヘッジホッグ Mk.10」2基、「長短魚雷」や「爆雷兵装」等の対潜兵装も「あやなみ型」と同量の装備も持ち、当時としてはスーパー護衛艦と言っても差し障りのないほどの装備を持った護衛艦と言えました
●加えて、当時まだ新鋭装備だった「Mk.108 対潜ロケット発射機」が海上自衛隊艦艇の中で初めて装備され、後にこれに換えてより強力な「71式 ボフォース 4連装対潜ロケットランチャー」を装備、当時の海上自衛隊の最強の護衛艦の地位を占めました

●武装以外でも「放射能塵洗浄装置」と呼ばれる散水装置が本格装備となり、艦内の「密閉通風循環装置」と共に冷戦下で起こり得た核戦場での行動に対応した装備が施され、「あきづき型 (初代)」が海上自衛隊の「最後の砦」としての活動を前提に作られていた事が判ります
●また、旗艦設備としては「司令部CIC(戦闘指揮所)」を始め、多くの将官室が設けられ、主だったものが大型化した艦橋構造物に収められていました
●さらに、「あきづき型(初代)」には「8.5メートル 内火艇」を「将官艇」として搭載、旧海軍の将官艇に比して大型のキャビンを有するこの艇は「ガマ蛙」の通称で親しまれていました

●「あきづき型(初代)」は、全ての兵装がバランス良く搭載された「汎用護衛艦」という艦種の祖となり、海上自衛隊の一時代を切り拓いた艦として重要な役割を果たしたのでした


【 「DD-162 てるづき (初代)」について 】


●「DD-162 てるづき (初代)」は「あきづき型(初代)」の2番艦として、三菱重工業神戸造船所で1960年に竣工、アメリカ海軍籍艦「DD-961」として一旦編入された後に海上自衛隊に引き渡され、横須賀地方隊に配属しています

●海上自衛隊では1961年に編成換えが行われ、自衛艦隊の隷下に護衛艦隊を新設、「DD-162 てるづき (初代)」はその護衛艦隊旗艦の任に就きます

●1963年、「DD-162 てるづき (初代)」は浦賀水道において貨物船と衝突、艦尾を損傷し、乗員に死者が発生します

●1963年12月、護衛艦隊旗艦の任を「DD-161 あきづき (初代)」へと譲り、翌年の1964年には第1護衛隊群の旗艦となります

●1968年、「DD-162 てるづき (初代)」は艦尾の爆雷投下軌条、爆雷投射機を撤去、代わりにVDS(可変深度ソナーを搭載しています

●1971年、「DD-162 てるづき (初代)」は新編成となる第4護衛隊の旗艦となります

●1976年には再び改装工事を受け、Mk.108 対潜ロケット発射機、ヘッジホッグ、短魚雷落射機を撤去、新装備となるボフォース対潜ロケット、3連装短魚雷発射管を装備しました

●1984年、竣工当時最強だった存在の「DD-162 てるづき (初代)」も旧式化が免れず第3護衛隊群の直轄艦に編入、定係港も舞鶴基地となりました

●1987年、「DD-162 てるづき (初代)」は練習艦に艦種を変更、練習艦隊に配属となり、呉基地へと異動します

●1991年には特務艦となり、1993年には除籍、33年の長期に渡る使命を終えています
海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ No.JB023) 商品画像_1 海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ No.JB023) 商品画像_2 海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ No.JB023) 商品画像_3 海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) プラモデル (ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ No.JB023) 商品画像_4

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)  (プラモデル)

ピットロード   1/350 スカイウェーブ JB シリーズ   No.JB023   スケール:1/350

当店税込価格 ¥5,638 (メーカー希望小売価格 ¥5,638


< ピットロード 1/350 スカイウェーブ JB シリーズ 海上自衛隊 護衛艦 DDG-174 きりしま   ピットロード 1/700 スカイウェーブ W シリーズ 日本海軍 特設巡洋艦 愛国丸 1943 >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
ご一緒にどうぞ
海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時

海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥5,637
海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代)

 ピットロード  1/700 スカイウェーブ J シリーズ
¥2,430
海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) (レジン製船底付)

海上自衛隊 護衛艦 DD-162 てるづき (初代) (レジン製船底付)

 ピットロード  1/700 スカイウェーブ J シリーズ
¥3,402
海上自衛隊護衛艦 DD-161 あきづき (初代)

海上自衛隊護衛艦 DD-161 あきづき (初代)

 ピットロード  1/700 スカイウェーブ J シリーズ
¥2,430
海上自衛隊 潜水艦 SS-501 そうりゅう

海上自衛隊 潜水艦 SS-501 そうりゅう

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥3,693
海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう (エッチング付き)

海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう (エッチング付き)

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥9,331
海上自衛隊護衛艦 DDG-177 あたご 新表記デカール付属

海上自衛隊護衛艦 DDG-177 あたご 新表記デカール付属

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥8,067
海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう

海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥7,776
海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 改装後 (エッチング付)

海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 改装後 (エッチング付)

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥6,609
海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 改装後

海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 改装後

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥5,637
海上自衛隊 潜水艦 SS-590 おやしお (同型艦用デカール付)

海上自衛隊 潜水艦 SS-590 おやしお (同型艦用デカール付)

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥3,693
海上自衛隊 護衛艦 DDG-174 きりしま

海上自衛隊 護衛艦 DDG-174 きりしま

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥7,776
海上自衛隊 ミサイル艇 PG-827 くまたか

海上自衛隊 ミサイル艇 PG-827 くまたか

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥2,818
海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時

海上自衛隊 護衛艦 DD-161 あきづき (初代) 就役時

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥5,637
海上自衛隊 護衛艦 DD-113 さざなみ

海上自衛隊 護衛艦 DD-113 さざなみ

 ピットロード  1/350 スカイウェーブ JB シリーズ
¥7,970
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内