アメリカ陸軍 M48A3 パットン (プラモデル)

サイバーホビー   1/35 Modern AFV Series   No.3546   スケール:1/35

当店税込価格 ¥ 4,860 (メーカー希望小売価格 5,400
関連商品の項目に類似のアイテムがあるかもしれません、下のタグから探してみて下さい
タグ: M48A3  M48A3 パットン  M48 パットン 戦車  パットン戦車  現用第1世代MBT  現用 アメリカ 戦車  ベトナム戦争  
アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series No.3546) 商品画像

「アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series  No.3546 )」です


●1950年代後半から1960年代におけるアメリカ軍の主力戦車「M48A3」を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組立キット

●アメリカ軍の戦後第1世代戦車を代表する「M48A3」を再現、T字形のマズルブレーキ、特徴的な亀甲形の鋳造砲塔、対地雷用の舟形の車体下部、先鋭的な車体前部形状など、アメリカ戦車らしい骨太なフォルムを表現した内容となっています

●サイバーホビー社製「アメリカ M48A3 Mod.B パットン 主力戦車」をベースに、「M48A3」を再現するために、フェンダー、前照灯、サーチライト等をドラゴン社製「アメリカ M103A1 重戦車」のパーツへと変更、防盾のカバーなどの新規パーツを追加したバリエーションキットとなります
 ・ 「アメリカ M48A3 Mod.B パットン 主力戦車」との違いは、前照灯が旧タイプに、フェンダーがプレスラインのないタイプに、防盾の防塵カバーとサーチライトの追加などとなっています

【 「M48A3」について 】


●戦後、アメリカ軍では「M26 パーシング」の小改造型の「M46」が登場、1949年には「M46」をベースとして新型砲塔を搭載した「M47」が開発されました

●しかし、この「M47」は砲塔前部に装備された新装備「ステレオ式レンジファインダー」が主砲射撃の影響を受けやすいという欠点を持っており、同車の採用からまもなく後継車両「M48」の開発が開始されています
●このため、アメリカ軍では「M47」は短命に終わり、1952年には「M48」が登場、米ソ冷戦下の影響により生産と配備が急ピッチで行われています 
 ・ 「M47」自体は海外に向けて大量に輸出されたために、一時期ヨーロッパの西側戦車の代表的な存在となりました

●「M48」は、主砲を「M47」に搭載された「90mm砲」を軽量型化した「43口径 90mm戦車砲 M41」を搭載、砲塔形状は前後に長い「M47」から円形に近い亀甲型に変化しています
●車体は、従来のアメリカ戦車とは異なる、操縦席が車体中央部に位置するレイアウトを採用、前方機銃と機銃手は廃止されました
●また、車体下部形状は地雷への防御用として爆風を逃す効果がある舟形となり、エンジングリル部が大型化された結果、「M46」「M47」とは外観上の形状が大きく異なっています
●「M48」は、1959年までに12000両が生産、戦後第1世代のアメリカ戦車を代表する存在となりました

●「M48」シリーズは、生産時期やその後の改修によって型式が変更されており、「M48A3」は、搭載するエンジンを従来のガソリンエンジンからディーゼルエンジンへと換装したタイプとなります

●1964年、ベトナム戦争が激化してアメリカ軍は軍事介入を開始、最初は軍事顧問として南ベトナム軍をサポートする役目でしたが、戦闘部隊が派遣されて徐々に戦闘の主役の役割を担うようになります
●ベトナムという場所は、山岳地と水田などの軟弱地、そして自然のジャングルが覆う森林地帯が分布して戦車運用には適さないという判断が下されていましたが、歩兵部隊の支援用として「M48」が戦場に投入されました
●ところが、「M48」は同戦いにおいて戦車としての強靭さと歩兵支援能力に威力を発揮、装甲が薄いために損害が多発した装甲兵員輸送車「M113」に対して、「M48」は深刻なダメージを受けることが少なく、高い評価を獲得します
 ・ 一方、北ベトナム軍は供与された装甲戦闘車両を多く保有していたものの、制空権が無いことと、「M48」を始めとするアメリカ軍の対戦車能力が高いことから使用を控えており、戦場に登場するのはアメリカ軍の撤退後となりました

●この「M48」の高い評価からアメリカ軍では更なる「M48」のベトナム戦への投入が決定、従来の「M48A1」を「M48A3」へと改造し、この増援車両として充てることとなりました
●この「M48A3」への改造にあたっては、ベトナム戦争の戦訓と、当時生産が開始された「M60A1」との互換性が図られ、車長キューポラは視認性の高いビジョンブロックが付いた2段式となり、操縦席内部の計器類やトーションバー、左右のフェンダーそして前照灯などは「M60A1」と同じタイプとなっています
●この改修型は当初「M48A3 Mod.B」と呼ばれましたが、その後「M48A3」も「M48A3 Mod.B」に準じた改修が行われたため、単に「M48A3」と総称されるようになりました

アメリカ陸軍 M48A3 パットンの商品画像

【 「アメリカ陸軍 M48A3 パットン」のキット内容について 】


●このアメリカ軍の戦車「M48A3」を再現したプラスチックモデル組立キット

●サイバーホビー社のキットらしく細部表現を重視し、そのフォルムを捉えながら、意外と複雑な形状と細かな構造物とで構成されている「M48A3」のディテールが細かに再現されています
●また、スマートキット版としてパーツ数がかなり抑えられており(約230パーツ)、エッチングパーツは付属しておらず、同社製の他のキットと比べて組立て易い内容となっています


●「M48A3 パットン」は、「砲塔」「銃塔」「車体上部」「車体下部」「左右フェンダー」の5ブロックで構成されています

【 砲 塔 】
●砲塔は、アメリカ戦車らしいノッペリとした鋳造肌を再現、鋳造の刻印も表現されています

●「43口径 90mm戦車砲 M41」の砲身は、排煙器の部分で前後に分割されたパーツで構成
 ・ 砲身先端部のマズルブレーキは、側面と砲口部分が開口処理済みです

●防盾は、防塵カバーのない状態と防塵カバーが付いている状態の2種が付属、選択して使用します
 ・ 防塵カバーのない状態は、機銃口、照準口、吊り下げフックがパーツ化
 ・ 防塵カバーが付いている状態は、防塵カバー、砲塔の固定具、砲身基部の蛇腹が再現され接着及び塗装が可能な軟質素材製となります

●サーチライトは10パーツで構成され、前面のガラス部は枠の部分も含めてクリアパーツとなっています
 ・ ボックスに描かれているサーチライトカバーは付属していません

●砲塔は上下分割のパーツで構成
 ・ 装填手ハッチは別パーツで開閉状態を選択できます
 ・ ベンチレーター部は別パーツです
 ・ 「ステレオ式レンジファインダー」は別パーツで、ファインダー口が開口されています
 ・ 砲手用ペリスコープはクリアーパーツで、ペリスコープガードは上下2パーツで構成
 ・ 後部バスケットは横のラインで分割され、全体は5パーツで構成されています
 ・ 左右の手摺りは各1パーツにて再現

【 銃 塔 】
●銃塔は上下2ブロックで構成され、それぞれが上下分割のパーツで構成されています
 ・ 機銃の防盾は前後分割式で、完成後も上下に可動させることができます
 ・ 車長ハッチは別パーツで、開閉状態が選択できます
 ・ 銃塔のビジョンブロック部分はクリアパーツ(1パーツで構成)です
 ・ 銃塔の上部ブロックは左右に旋回することができます

【 車体上部 】
●車体上部は鋳造肌を再現、車体前部の独特な傾斜が表現されています

●車体上部は一体成型で、エンジングリル部は別パーツとなっています
 ・ エンジングリル部は後部パネルも含めて6パーツで構成
 ・ 操縦手ハッチは別パーツで、開閉状態を選択できます
 ・ 操縦手のペリスコープはクリアパーツです
 ・ 前照灯ユニットは、ガード部及びステー部分に各前照灯、ホーン類を取り付けます
 ・ 前照灯のガラス部はクリアーパーツとなります

【 フェンダー 】
●フェンダーの基本躯体は本体、前後フラップ、車体前後のフェンダー内側の5パーツで構成されています
 ・ フェンダー支持架は別パーツ化され、肉抜き穴が再現されています

【 車体下部 】
●「M48」の特徴となる車体下部の舟形の形状を再現、車体上部とは側面のバルジ部分のトップで分割されています

●車体下部は、バスタブ型で一体成型のパーツとなっています
 ・ サスペンションアーム、ショックアブソーバー、ダンパーは別パーツ化されています
 ・ 下部転輪は、ホイール部分とホイールのリム部分を含めたゴムの部分に2つに分割されたパーツで再現
 ・ 起動輪は左右方向で4つに分割されています

【 履 帯 】
●履帯は、接着及び塗装が可能な素材によるベルト式履帯が付属しています
 ・ 履帯は、ラバーシェブロンタイプのダブルピン式履帯「T97E2」となっています


●車長用のビジョンブロック、砲手及び操縦手のペリスコープ、前照灯のガラス部、サーチライトの前面部などを再現するクリアーパーツが付属


【 塗装とマーキング 】
●「M48A3」のマーキングとして、アメリカ軍仕様となる4種類の塗装例が説明書に記載されています
 ・ 第1海兵戦車大隊 (フエ / 1968年)
 ・ 第1海兵戦車大隊 (ダナン / 1970年)
 ・ 第69機甲連隊 第1大隊 (ベトナム / 1968年)
 ・ 第34機甲連隊 第2大隊 (ベトナム / 1967年)
 ・ 第1海兵戦車大隊 (ダナン / 1969年)

●説明書の塗装例に基づく、国籍マーク、パーソナルマーク、車体番号、車台番号などを再現したデカールが付属しています
 ・ デカールのプリントはカルトグラフ社製


●2014年 一部新金型
アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series No.3546) 商品画像_1 アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series No.3546) 商品画像_2 アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series No.3546) 商品画像_3 アメリカ陸軍 M48A3 パットン プラモデル (サイバーホビー 1/35 Modern AFV Series No.3546) 商品画像_4

アメリカ陸軍 M48A3 パットン  (プラモデル)

サイバーホビー   1/35 Modern AFV Series   No.3546   スケール:1/35

当店税込価格 ¥4,860 (メーカー希望小売価格 ¥4,860
関連商品の項目に類似のアイテムがあるかもしれません、このページをスクロールして探してみて下さい
< ホビーボス 1/35 ファイティングビークル シリーズ GCT 155mm 自走榴弾砲 (T-72搭載型)   amt プラスチックモデルキット チャンスヴォートF4U-1 コルセア >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内