ファインモールド 愛知県庁 本庁舎 オトナの社会科見学シリーズ SE003 プラモデル

ホーム 城・建築物 ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ

愛知県庁 本庁舎

販売価格

3,080円 2,772円(税込)

購入数

「愛知県庁 本庁舎 (プラモデル) (ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ  No.SE003 )」です


●国の有形文化財として登録されている「愛知県庁」の「本庁舎」建物を1/500スケールで再現したプラスチックモデル組立キット。

●天下統一を目指した「織田信長」の生誕地「尾張の国」を想像させる城郭風の屋根を持った洋風建築物「愛知県庁 本庁舎」を再現、日本の伝統と西洋風モダンとが融合した威厳ある姿を再現した内容になっています。

【 愛知県庁 本庁舎 について 】


●「愛知県庁 本庁舎」は昭和天皇後大典の記念事業の一環として1938年に完成した建物です。

●当時の有数の日本建築家である「西村好時」と「渡辺仁」の設計により、鉄筋コンクリート造の洋風建築に城郭風の屋根を併せ持った「帝冠様式」と呼ばれる特徴的な近世式デザインを採用しています。

●この「愛知県庁 本庁舎」は地上6階、地下1階の構造、延床面積は28314平方メートルもある、当時としては巨大な建築物でした。

●太平洋戦争中、1945年3月から数度行われたアメリカ軍の空襲により、隣接した名古屋城は消失してしまいますが、「愛知県庁 本庁舎」は戦災にも耐え抜き、戦後早々から愛知県行政の中核を担ってきました。

●1933年に竣工した名古屋市役所本庁舎と共に並んで威風堂々とそびえ立ち、現在も県行政の中枢として機能しているだけでなく、歴史に残る建築として、1989(平成元)年には「名古屋市 都市景観重要建築物」の指定を受け、さらに1998(平成10)年には文化庁より「登録有形文化財」の指定を受けたながら、今も活用されているのです。

【 愛知県庁 本庁舎 (ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ SE3) プラモデルの内容 】


●この「愛知県庁 本庁舎」を再現したプラスチックモデル組立てキットです。

■ 愛知県庁 本庁舎 プラモデルの概要
●ファインモールド社自らの金型加工と成型技術を活かし、「愛知県庁 本庁舎」を1/500スケールのサイズに落とし込みながら実感たっぷりに再現、誰もが楽しく組み立てることができるようパーツ数を抑えながらも、戦災を耐え抜き今なおどっしりと構えている存在感や建築物としてのディテールを兼ね備えたプラスチックモデルです。

●「愛知県庁 本庁舎」はランナーごとに成型色を変えており、塗装しなくともも組み立てるだけで雰囲気を感じさせてくれる建物を再現する事が可能です。

●接着剤不要のスナップフィットキットですが、各パーツ類はランナー状に成型されていますので、パーツを切り離すのに「ニッパー」などの切断工具が必要になります。
 ・ 「愛知県庁 本庁舎」を構成するパーツ類をよりしっかりと固定したい時には「プラモデル用接着剤」を使用します。

●「水性ホビーカラー」や「タミヤカラー アクリル塗料ミニ」などのプラモデル用の塗料を使って、実際の建物に準じたカラーや、お好みのカラーで「愛知県庁 本庁舎」を塗装することもできます。

●完成後は、瓦屋根頂点部分を取り外すと「貯金箱」として利用することもできます。

■ 愛知県庁 本庁舎 プラモデルの構造
●「愛知県庁 本庁舎」は、城郭部、実物の色に沿った3層式の建物、土台部分の5ブロックに分割した構成、各ブロックを組立後、土台ブロックをベースに一体化させて完成させます。

●城郭部は、瓦屋根と壁とで構成されています。
 ・ 瓦屋根は一体成化したパーツ、緑色の成型色、実際の建物の階層と合わせています。
 ・ 瓦屋根の頂上部分は脱着が可能で、取り外すと硬貨の投入口になります。
 ・ 壁の部分は、四方のパネルを箱組状に組み合わせて組み立てます。

●建物の壁面は、四方のパネルを箱組状に組み合わせて組み立てます。
 ・ 実際の建物構造を反映し、茶色の層の表面にはレンガ調、グレー色の層の表面にはタイル調のディテールを凹モールド化して再現しています。
 ・ 窓に当たる部分は抜いて成型、開放した状態になりますので内側の空間が気になる場合には黒い画用紙等を置いておくだけで窓を通じた向う側が隠れ、建物としての雰囲気をグッと増してくれるでしょう。
 ・ もちろん透明プラ板などを使って窓ガラスを自作してもよいでしょう。

●ベース部分は一体成型化したパーツ、エントランスに繋がるスロープや階段などもパーツ上に成型して再現しています。


【 愛知県庁 本庁舎 (ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ SE3) 塗装について 】


●組立説明書内にモノクロで「塗装図」を記載しています。
 ・ 塗装の際に使用する塗料の種類も記載しています (Mr.カラー / 水性ホビーカラー / タミヤカラー)。

【 愛知県庁 本庁舎 (ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ SE3) 製品仕様 】


●プラスチックモデル組立キット
●「愛知県 本庁舎」のパーツ数 : 44
●製品素材 : PS
●パーツ成型色
 ・ 城郭部 屋根 : ライトグリーン
 ・ 城郭部 壁面 : ホワイト
 ・ 建物 壁面 : グレー/ブラウン
 ・ エントランス屋根 : ライトグリーン/グレー
 ・ ベース : グレー
 
●「愛知県 本庁舎」完成時のサイズ
 ・ 全高 : 95mm
 ・ 全幅 : 210mm
 ・ 奥行 : 110mm (ベース部分を含む)

●組立にあたり、「ニッパー」「ピンセット」「接着剤」など必要になるものを事前にご用意下さい。
●日本製
●2012年 完全新金型

ファインモールド オトナの社会科見学シリーズ 「愛知県庁 本庁舎」
販売価格

3,080円 2,772円(税込)

購入数



詳しくは、コチラより、ご利用ガイド

この商品のカテゴリー

これまで見た商品