コトブキヤ 陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん プラスチックキット KP647 プラモデル

ホーム キャラクター コトブキヤ プラスチックキット

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん

販売価格

4,620円 4,158円(税込)

購入数

「陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん (プラモデル) (コトブキヤ プラスチックキット  No.KP647 )」です


●独自のデザインが人気を呼ぶ「なっちん」が、ハイスペックな可動ギミックはそのままに「試験運用型(プロトタイプ)」として登場です!

●SNSを中心に活躍するロボットデザイナー「moi」さんによって生み出されたオリジナルキャラクター「陸上自衛隊07式戦車 なっちん」。
●新規金型パーツを追加したニューデザイン・ニューカラーリングにて「プロトタイプなっちん」をプラモデル化しました。

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん (コトブキヤ プラスチックキット KP647) プラモデルの概要


●オリジナルデザイナー「moi」さんがこのキットのために新たにデザインした、両肩の「ライトアーマー」と後頭部の「拡張通信モジュール」等を、新規金型パーツにて再現。
●キットのランナーは6色で色分けされていて、そのまま組み立てただけでも設定に近いカラーリングを再現できます。

●全身62ヶ所が可動する、ハイスペックフルアクションモデル仕様。
●「引き出し式関節(肩・ヒザ)」や「スライド式可動(股関節)」などを採用し、多彩な可動ギミックを搭載。

●今後の展開を見据えた設計により、頭部のハッチは設定どおりの開閉ギミックを搭載。
 ・ 本商品ではコックピットシートとパイロットは再現していません。
●尻尾にあたるパーツはリード線を使用し、柔軟に曲げることができます。
●「目のパネルパーツ(正面目線)」は、両目のブルーと隈取りのブラックが塗装済みの仕様。
●交換用の「目のパネルパーツ(ブランク)」は3個付属し、付属の水転写デカールを使用することで様々な表情を選択できます。

●大型シールドを含む「なっちん」正式タイプの肩部ユニットが、オプションパーツとして付属。
●なっちんシリーズ専用成型色の「ウェポンユニット17 フリースタイル・ガン」が付属。
●差し替え式の「武器持ち手」を使って「なっちん」に装備できる他、タンクユニットは新規アタッチメントパーツを介して後頭部の「拡張通信モジュール」にジョイントすることができます。
●3mmジョイント(軸)を備えた「汎用グリップパーツ」が2個付属、「M.S.G」とのコンビネーションがさらに広がります。

●本体下部の3mm径ジョイント(穴)を使用し、付属の「なっちん専用スタンド」や別売りの「ニューフライングベース」などを使用したディスプレイが可能。

武器持ち手 M.S.G対応リスト
●「なっちん」の武器持ち手は通常の「M.S.G」規格のサイズより大きいため、「M.S.G」のグリップの保持に制約があります。
●対応可能な「M.S.G ウェポンユニット」「M.S.G ヘヴィウェポンユニット」については、こちらの対応リストをご参照ください。

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん (コトブキヤ プラスチックキット KP647) セット内容


●プロトタイプなっちん本体
●ウェポンユニット17 フリースタイル・ガン(なっちん専用成型色版)
●ウェポンユニット17 フリースタイル・ガン用 アタッチメントパーツ
●目のパネルパーツ(正面目線-塗装済み仕様×1、ブランク×3)
●武器持ち手(左右)
●汎用グリップパーツ ×2
●「なっちん」正式タイプ肩部ユニット(左右)
●3mm径ジョイントパーツ(軸) ×4
●なっちん専用スタンド
●水転写デカール

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん バックストーリー


●西暦2090年、急速なAI技術の発展に伴い「人」と「機械」との距離がほぼ一つに重なって、そう間もない頃、人類は未来予測技術を当たり前のように使い暮らしていた。
●日本の陸上自衛隊では、世界に先駆けて「高度未来予測型AI」を実装した新型ジリツ戦車を導入。
●そのほとんど人と変わらない人格とコミュニケーション能力は隊員達からむしろ敬遠されていたが、菊理ナツキ1尉だけは自分の乗機を「なっちん」と名付け、隊の一員として扱っていた。
●ある日、任務中のナツキとなっちんの二人は突如発生した「世界の書き換え」現象に遭遇。自分達の知る世界が断片的に改ざんされ、結果として「今の世界」が変わってしまっている。
●ナツキとなっちんだけが「認識」できるこの異常現象に対し、二人はその理由を求めながら世界を「モトのカタチ」に戻そうと動き始める。

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん 機体設定
●「高度未来予測型AI」を実装した「新型ジリツ戦車」のテスト機体。
●次期主力戦車である07式の導入のため、データ収集用の機体として試験運用されている。
●ハード面においては、現行の陸上自衛隊に配備されている06式戦車:通称「ろく」のスペックを上回る設計になっている。

陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん (コトブキヤ プラスチックキット KP647) 製品仕様


●プラスチックモデル組立キット
 ・ 各パーツ類はランナー枠内に成型されていますので、パーツを切り離すのに「ニッパー」などの切断工具が必要になります(別売り)。
 ・ パーツの固定には「プラモデル用接着剤」などの接着剤をご利用下さい(別売り)。

●製品素材 : PS、ABS、PVC(非フタル酸)
●パーツ成型色 : マルチカラー

●「陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん」完成時のサイズ
 ・ 全高 : 約110mm

●2022年 バリエーション
●2021年 完全新金型
●©moi72

コトブキヤ プラスチックキット 「陸上自衛隊 07式戦車 プロトタイプ なっちん」
販売価格

4,620円 4,158円(税込)

購入数



詳しくは、コチラより、ご利用ガイド

この商品のカテゴリー

これまで見た商品