揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) (プラモデル)

アオシマ   艦隊コレクション プラモデル   No.027   スケール:1/700

当店税込価格 ¥ 3,694 (メーカー希望小売価格 4,104



タグ: 艦隊これくしょん あきつ丸  揚陸艦 あきつ丸  特種船 丙型  日本陸軍特種船  日本陸軍艦艇  日本海軍 補助艦艇  ドック型輸送揚陸艦  艦隊コレクション  
揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル No.027) 商品画像

「揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル  No.027 )」です


●ソーシャルゲーム「艦隊これくしょん (艦これ)」に登場する「艦娘 揚陸艦 あきつ丸」のキャラクターベースとなった「揚陸艦 あきつ丸」を1/700スケールで再現したプラスチックモデル組立キット

【 「揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション)」のキット内容について 】


●「艦隊これくしょん (艦これ)」に登場する「艦娘 揚陸艦 あきつ丸」のキャラクターベースとなった「揚陸艦 あきつ丸」を再現したプラスチックモデル組立キットです

●アオシマ社のウォーターラインシリーズのフォーマットに沿って「揚陸艦 あきつ丸」を再現、ディテール再現を重視しながらも一体成型化とモールド表現を主体としてパーツ数を抑えており、ウォーターラインシリーズとしての作りやすさを考慮した内容となっています

●飛行甲板は、コンクリート甲板を表現しグレーで成型したパーツ、船体は当時の迷彩色である明るいグリーンで成型しており、塗装しやすさにも配慮しています

●「あきつ丸」は、1944年4月から護衛空母としての改装を受けており、本キットでは、船尾のデリックを撤去した、改装終了後の1944年8月以降の姿を再現しています

●艦体喫水線から上の部分を再現した洋上モデルです

●「艦隊これくしょん」バージョンとして、キャラクターをカラープリントしたエッチング製のネームプレート、「艦娘 軽空母 龍驤」のキャラクターカード、ディスプレイシートが付属しています
 ・ 本キットには、艦娘のフィギュアは付属していません


●「あきつ丸」は、「船体」「上甲板」「シェルター甲板」「飛行甲板」「艦橋などの上部構造物」「主砲などの艤装類」のをそれぞれブロック化して分割した構成となっています
●各ブロックをそれぞれ個別に組み立てて、飛行甲板、上甲板、シェルター甲板、上部構造物、艤装類を船体ブロックへと取り付けて完成させます

●船体部は左右に分割したパーツ構成、シェルター甲板の側面部分も一体化して再現しています
 ・ 船体には、舷窓、ホースパイプ、上甲板部の開口部などのディテールを繊細なモールドで再現
 ・ 洋上モデルに欠かせない船体下を塞ぐ平らな船底パーツが付属
 ・ 船底パーツには、揚陸用のウェルドックの構造を再現、搭載する、「大発動艇」(×6)が付属しています
 ・ 「船尾扉」は別パーツ化、開状態と閉状態の2種のパーツをセットしており、開閉状態を選択することができます

●上甲板部は、全通状となった一体成型のパーツで再現、船首と船尾の上甲板は別パーツ化しています
 ・ 上甲板の木甲板表現のほか、「ボラード」「アンカーチェーン」などのディテールを繊細なモールドで再現しています
 ・ 上甲板のスポンソンは別パーツ化
 ・ 前後の「格納庫」は、上甲板に一体成型化、格納庫の天板部分を別パーツ化しています

●シェルター甲板は、各パネルを箱組み状に貼り合わせて作製します
 ・ 各パネルには、各デッキの「窓」「扉」などを繊細なモールドで再現、船体に一体成型化しているシェルター甲板側面とにより、通常の商船と同様な構造となる「あきつ丸」のシェルター甲板構造を再現しています

●飛行甲板は、一体成型のパーツで再現、船尾のエレベーターは別パーツ化しています
 ・ 飛行甲板裏側の細かな梁構造は、甲板パーツと一体成型化して再現
 ・ 飛行甲板支柱は、ブロックごと個別にパーツ化しています

揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション)の商品画像

「あきつ丸」の艦上の構造物は下記のパーツで構成しています
●船橋
 ・ 船橋は左右に分割したパーツ構成、天板は別パーツ化しています
 ・ 「船橋窓枠」はクリアパーツで再現、「窓ガラス」の部分を一段凹んだ状態で再現し、立体感を演出しています
 ・ 船橋後部の「空中勤務者待機所」は上下のブロックに分割しており、それぞれ左右に分割したパーツで再現しています

●マスト
 ・ マストは前後に分割したパーツで再現

●煙突
 ・ 煙突は左右に分割したパーツで再現、トップは別パーツ化しています
 ・ 「副管」は一体成型化

●デリック
 ・ 煙突後部のデリックは、前後に分割したパーツで再現

●機銃用スポンソンは区切りごとにパーツ化

●高射砲 「88式 7.5cm高射砲」 ×4
 ・ 高射砲は、一体成型のパーツで再現

●対空機銃 「25mm単装機銃」 ×8
 ・ 機銃は一体成型のパーツで再現

●対潜兵器 「2式 12cm迫撃砲」 ×1
 ・ 迫撃砲は一体成型のパーツで再現

●艦載機
 ・ 3式指揮連絡機 ×2
 ・ カ号観測機 ×2

●艦載機のパーツ構成
 ・ 艦載機は、「胴体」「主脚」「プロペラ」に分割したパーツ構成、「カ号観測機」は「エンジン」を別パーツ化しています
 ・ オプションパーツとして、付属している機数分の「プロペラ」「主脚」「翼支柱」を再現したエッチングパーツが付属しています

●内火艇、カッターなど
 ・ カッター ×4

●その他の艤装を再現したパーツとして
 ・ 船首、船尾旗竿
 ・ 着艦指揮灯
 などをセットしています

●甲板上に描かれた各表示線、艦載機用の日の丸マークなどを再現したデカールが付属しています

揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション)の商品画像

【 「揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション)」のパッケージ内容 】


 ・ 揚陸艦 あきつ丸 ×1
 ・ 3式指揮連絡機 ×2
 ・ カ号観測機 ×2
 ・ デカールシート ×1
 ・ 彩色済みエッチング製ネームプレート ×1
 ・ キャラクターカード ×1
 ・ ディスプレイシート ×1 (表裏にプリント)
 ・ 組立て説明書 ×1


●2016年 完全新金型


【 「揚陸艦 あきつ丸」について 】


●第1次世界大戦以降、日本陸軍は中国大陸への進出を開始し、日本の権益の拡大を図りました

●1932年の「上海事変」において、日本陸軍は敵前において上陸作戦を展開、この上陸作戦は成功しましたが、日本陸軍に大きな戦訓を残しました
●その戦訓とは、上陸部隊の兵士は、母船から小さな舟艇に乗り換えなければならず、この際、母船から縄梯子を辿って乗り込むことから事故が多発、乗り換えにも多くの時間が必要となったことでした

●日本陸軍では、このデメリットを解消すべく上陸作戦用専用の艦艇を独自に開発することを決定、1934年に揚陸艦「神州丸」を建造します
●この「神洲丸」では、船体内部に舟艇を収容できるウェルドックを設け、上陸時には兵士は船内から直接舟艇へと乗り込み、船尾の開口部から舟艇を発進することで上陸作戦の円滑化を図っていました
●この方式は現在の強襲揚陸艦と同様であり、日本陸軍は世界に先駆けて揚陸艦の運用法を確立していたのです

●「神洲丸」は太平洋戦争の緒戦において南方の上陸作戦に参加、揚陸艦の能力を如何なく発揮しています

●「神州丸」では上陸作戦支援用として航空機を射出するカタパルトを装備していましたが、その後の航空機の発達と重量増加に伴い、「神州丸」が装備するカタパルトでは射出が困難となっていました
●この「神洲丸」の航空機運用の発想を拡大、上部に飛行甲板を持った揚陸艦として1942年1月に竣工したのが「あきつ丸」です
 ・ 「あきつ丸」では、「神洲丸」と同様に揚陸能力を備えており、27隻の「大発動艇」を収容することができました

●ただし、「あきつ丸」が装備する飛行甲板は、あくまでも上陸支援用の航空機を発艦させるためだけの機能しか有しておらず、発艦した航空機は、上陸部隊が占領した飛行場に着陸することを前提としていました
 ・ 「あきつ丸」の飛行甲板には、着艦時に必要な着艦制動装置などは備えていませんでした
 ・ また、船尾には大きなデリックを装備しており、この点からも「あきつ丸」が着艦を想定していないのは明らかです

●竣工した「あきつ丸」は、早速南方へと送られ、インドネシア方面の各上陸作戦に参加、「神州丸」と同様に上陸作戦の成功に大きく貢献しました

●このインドネシア方面への上陸作戦の終了により、日本陸軍による上陸作戦は一段落を迎え、「あきつ丸」は南方方面の輸送任務に従事しています

●それまで魚雷の不調により戦果が挙がらなかったアメリカ潜水艦群は、1943年に入ると猛威を奮いはじめ、日本の輸送船は大きな損害を受けるようになります
●このため、日本海軍では、連合艦隊から独立する形で海上護衛総司令部を設立しましたが、日本陸軍も多くの船舶を失ったことから、輸送船団を護衛する必要性を強く意識するようになりました

●1943年8月、飛行甲板を持つ「あきつ丸」を護衛空母へと転用することが計画され、当時開発中だったオートジャイロ「カ号観測機」を搭載して実験が行われました
●実験は成功しましたが、「カ号観測機」自体に動力伝達装置などの故障が多発、このことから「カ号観測機」の搭載は見送られることになります

●また、上記のように「あきつ丸」は元々着艦を想定していない設計となっていたことから、そのままの形で護衛空母として運用するには無理があり、1944年4月から大規模な改修が行われました
●この改修によって、後方のデリックは煙突後方へと移動、飛行甲板の幅を拡大し、対空兵装も増強されています
●「あきつ丸」の艦載機には、短距離での離発着が可能な「3式指揮連絡機」が選ばれ、搭載機数は6機~8機程度でした

●1944年8月、改修が完了した「あきつ丸」は、輸送及び対潜哨戒任務に従事しています

●1944年11月、「あきつ丸」は輸送船団の一員としてフィリピン方面に向けて出港、この輸送船団には海軍の護衛空母「神鷹」が随伴していたため、「あきつ丸」は航空隊を転出し、通常の輸送船として参加しています
●しかし、「神鷹」をはじめとする日本軍の対潜哨戒の隙を突いて、「あきつ丸」はアメリカ潜水艦の攻撃を受け、2本の魚雷を被雷、その身を波間に消したのでした

●「あきつ丸」は、世界の歴史上、陸軍が空母を運用した唯一の例であり、そして航空機運用が可能な強襲揚陸艦として世界に先駆けた存在でもあったのです
揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル No.027) 商品画像_1 揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル No.027) 商品画像_2 揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル No.027) 商品画像_3 揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション) プラモデル (アオシマ 艦隊コレクション プラモデル No.027) 商品画像_4

揚陸艦 あきつ丸 (艦隊コレクション)  (プラモデル)

アオシマ   艦隊コレクション プラモデル   No.027   スケール:1/700

当店税込価格 ¥3,694 (メーカー希望小売価格 ¥3,694


< アオシマ 艦隊コレクション プラモデル 給油艦 速吸 (艦隊コレクション)   タミヤ タミヤ カタログ タミヤカタログ 2016 (スケールモデル版) >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
軽空母 大鷹 (艦隊コレクション)

軽空母 大鷹 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,110
工作艦 明石 (艦隊コレクション)

工作艦 明石 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,499
潜水母艦 大鯨 (艦隊コレクション)

潜水母艦 大鯨 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,693
艦娘 航空母艦 グラーフ・ツェッペリン (艦隊コレクション)

艦娘 航空母艦 グラーフ・ツェッペリン (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥4,082
重雷装巡洋艦 北上改 (艦隊コレクション)

重雷装巡洋艦 北上改 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,304
重雷装巡洋艦 大井改 (艦隊コレクション)

重雷装巡洋艦 大井改 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥2,937
艦娘 戦艦 ビスマルク drei (艦隊コレクション)

艦娘 戦艦 ビスマルク drei (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,693
艦娘 戦艦 長門 屈曲煙突 (艦隊コレクション)

艦娘 戦艦 長門 屈曲煙突 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,888
給油艦 速吸 (艦隊コレクション)

給油艦 速吸 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,499
軽空母 龍驤 (艦隊コレクション)

軽空母 龍驤 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,693
駆逐艦 睦月 (艦隊コレクション)

駆逐艦 睦月 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥2,332
駆逐艦 吹雪 (艦隊コレクション)

駆逐艦 吹雪 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥2,430
重巡洋艦 羽黒 (艦隊コレクション)

重巡洋艦 羽黒 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥3,693
駆逐艦 天津風 (艦隊コレクション)

駆逐艦 天津風 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥2,138
航空母艦 翔鶴 (艦隊コレクション)

航空母艦 翔鶴 (艦隊コレクション)

 アオシマ  艦隊コレクション プラモデル
¥4,471
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内